金の買取できない品目

金貨やインゴットなどで金買取不可のケース

金の買取業者はそれぞれに買取可能な品目に大きな違いがあります。金であれば何でも買い取ってもらえる業者がいる一方で、特定の品目は買取不可というケースもあるため注意しなければなりません。
例えば金の買取業者によっては、通貨として作られた金貨は買取ができないケースがあります。この場合、金貨でも買取可能という業者を探してみれば問題は売る事は可能です。また金のインゴットを売る場合に、刻印に問題があって品質の確認が難しい金については買取が難しいケースが多いです。この場合も金の買取業者によって対応が異なり、たとえ刻印がなくとも買い取ってもらえる可能性は残されています。この場合、査定額は想定していたよりも下がるかもしれません。

金メッキ製品や量が少ない金は買取不可となる可能性

金であればどのような品目でも買い取ってくれる業者でも、買取が難しい品目も中にはあります。例えば金メッキのものは買取が難しいです。本物のように見えても、実は表面に金のメッキを施した製品は世の中に多数存在します。もし買い取ってもらいたいと考えている金製品にGPなどの刻印が施されている場合、その製品は金メッキである可能性が高いです。
そのため金の買取業者に持ち込む前に、まずは出来る範囲で純金かどうかをチェックします。所有する本人は純金と思い込んでみても、現実には金買取業者に査定を行ってもらった結果として純金かどうかが分かるケースも珍しくありません。またその他にも、純金でも量が最低基準より少ないと買取不可の場合もあります。

© Copyright Gold Investor Updated. All Rights Reserved.